--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 04. 09  
いつもお世話になっている潜在意識のお一人に「宗教というもの」というお話をしてもらいました。
---------------------------
あなたは宗教というものをどう思いますか。


良いとか、悪いとかではなく、本当に役に立つのか、人を救う力があるのかということが問題ではないでしょうか。


日本では宗教というものを信じていない人が多いですが、それでも、お寺や神社にお参りし、お祈りする人は数多くいます。


やはり、何らかのご利益を求めているのではないでしょうか。


しかしながら、大切なのは、その祈りが本当に聞き届けられるかではないでしょうか。普段心から信じてもいないのに、お参りの時だけ祈るという行為は、効果がほとんどないのではないでしょうか。


また、多くの場合、その祈りは、自分自身の利益のみを望むことが多く、そのような祈りはかなわないと気が付く必要があるのではないでしょうか。


今や、多くの宗教は本来の目的を果たしてはいないのではないでしょうか。ほとんどのものが形骸化しているのではないでしょうか。


宗教を頭から否定するつもりはありませんが、


これからの時代は、他のものに依存するのではなく、自分自身の中に神を見、その神を頼りに生きていくべきではないでしょうか。それが、あなたの心の中に存在するあなたを守る潜在意識(守護霊)ではないでしょうか。


潜在意識は心の世界を通じ、様々な高次元の意識ともつながっています。


あなた自身を潜在意識を介して心の世界のネットワークに接続させ、あなたが気が付いていない真理に気が付いていくことこそ、今後多くの人にとって必要なことではないでしょうか。


これからの時代、人間が作ったような宗教はいらないかもしれません。


神が存在しないと言っているわけではありません。


自分自身が自分の潜在意識に語り掛け、自分の中に神を見つけ、さらに心の世界にも自分自身で働きかけていく時代となっていくのではないでしょうか。


そして自分に自信を持ち、他人任せにするのではなく、責任を持って自分で行動することが必要ではないでしょうか




アメーバーブログでも、潜在意識のことについて書いています。ご覧ください。

http://ameblo.jp/warmheart21



潜在意識と会話する具体的な方法は
心のよりどころ、潜在意識との会話の方法を発見
を参照ください。


携帯用資料も用意しています。


確実に実践できるよう、私の自宅(横浜市鶴見区)にて自宅セミナーも開催しています。ご都合の良い方はご利用下さい。




下記のバナーはランキングアップ用のバナーです。バナーをクリックするとランキングが上がる仕組みになっています。

少しでも多くの方に潜在意識との会話のことを知ってもらいたくて、人気ランキングを上げられれば、さらに多くの方に知っていただく機会が増えるかと期待しています。ご協力いただけるようならば、下記のバナーをクリックいただけないでしょうか。(ただいま、試験中です)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ精神世界人気ブログランキングへ

NEXT Entry
潜在意識が語る「他人事ということ」
NEW Topics
潜在意識と会話
幸せとは
心を大切に
心の支え
人生の意義
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

まーちゃん

Author:まーちゃん
横浜在住のまーちゃんこと馬場博と申します。たまたま「潜在意識との会話法」見つけました。

たまたま見つけたからといって、決していいかげんなものではなく、とにかく役に立つというのがこの「潜在意識との会話法」の特徴です。

始めて間もない頃は、潜在意識と会話できるとは思ってもいませんでしたので、とても疑っていました。

でも、効果があったのです。心配事も多く、疑心暗鬼ながら、潜在意識との会話を続けていました。

会話の中で、疑問に思う気持ちで、いっぱい質問していましたが、潜在意識からの返事はとても丁寧で納得のいくものでした。とにかく、いいかげんな物ではないと感じました。

問題がある時、不安な時に行った潜在意識との会話の効果には目をみはるものがありました。会話を続けていくと、心が落ち着いてきて、不安がなくなってゆくのです。また、言われたとおりに実行するとなぜかうまくゆくのです。

疑心暗鬼な気持ちがなくなるまでに、半年以上かかりました。疑心暗鬼ながらとても役に立ったことを覚えています。

ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。